クズが恋した国際協力

国際協力師を目指す大学生の奮闘記。

ウガンダ渡航記①「Youは何しにウガンダへ?」


大学1年生 最初で最後の春休み。3月1日〜9日までウガンダに行ってきました。


ウガンダで若干モテて調子にのる吉田

 

Youは何しにウガンダへ?

 

目的は3つ
「草の根の国際協力を学びに」
「テラ・ルネッサンスの施設訪問」
ウガンダでの内戦について学ぶため」

1週間ほどの短い期間でしたが、私はもったいないほど多くのことを学んできました。

実は滞在中に学びをがんがん発信しようとしていたのですが、、、

自分を表現することで 誤解を受けたり、「裏で何かを言われているんじゃないか」「目立ちたくない」と得意のネガティヴ感情で頭がいっぱいになって、時には怖さを覚える自分にしばらく苦しんでいました。

今はそんな怖さを乗り越えて、発信していく楽しさとその意味を知りました。

もうすっかり1ヶ月以上前のことになってしまったのですが、ウガンダでした国際協力から学んだことをシェアしていけたら嬉しいです。

 


ウガンダって、なに?


from http://africa-rikai.net/data/UGANDA.html

ウガンダは東アフリカに位置する、赤道直下の国。

かつてイギリスの首相チャーチルに「アフリカの真珠」と呼ばれ、あのナイル川の源流でもあるヴィクトリア湖を擁している国。
ナイル川を生でみたのですが写真撮影禁止でした...)

かつてイギリスに植民地とされ、内戦が繰り広げられた国でもあります。

イギリスの南北統治で迫害されたのが、わたしが訪れたウガンダ北部のアチョリ族の人々でした。



披露してくれたアチョリ族の踊り。

 


行くことになったきっかけ

巡り巡ると、、、元々のきっかけは私が個人的に大好きでずっと応援させていただいている、「認定NPO法人テラ・ルネッサンスとの出会い」でした。

テラルネッサンスについて
https://www.terra-r.jp/






実際に訪問させていただいた施設 Uganda,Gulu

たまたまあるNHKで放送された石原さとみさん のウガンダでの特集番組を見ていたとき、そのドキュメンタリーに出演されていたのが、テラ・ルネッサンスの理事長である小川真吾さんでした。


From http://www.terra-r.jp/news/media-coverage/oshirase_media_151228.html

そのとき私はただ石原さとみさんが好きで番組を見ていたのですが、自分でも分からないくらい番組を何回も観なおして、そしてなぜか自分でも驚くほどテラ・ルネッサンスが自然と大好きになってしまったんですよね。

国際協力に関心を持って3年ほど経って、色んな団体の色んな活動を今まで学んできたけれど、これほど私の中で心惹かれた団体はありませんでした。

という背景もあって、
あるとき東京で行われたテラ・ルネッサンスの15周年記念イベントがあると警察犬のように嗅ぎつけた私は、そこにバイトのシフトを代えてまで参加しました。

テレビ、ネットの中でしか見たことも知ることもなかったテラ・ルネッサンスの活動を、人を、直接知りたかったからです。

そこで理事長の小川さんと初めてお会いし、お話しさせていただきました。(「あ、テレビの中の人だ!」って思った自分。笑)


テラ・ルネッサンス15周年記念イベントのパネル

そして、偶然なのか必然なのか。

小川さんのお知り合いで、ウガンダで活動する私の通う大学の先生がいらっしゃることをお聞きし、

ウガンダに行かせてください。」

そう知らぬ間に先生に口にし、ひょんなことからテラ・ルネッサンスも活動するウガンダ北部の村への視察に同行させていただくことになりました。


急なわがままを受け入れてくださった先生と村長

お世話になったT先生は、ウガンダ北部の村「キトグム」と「ラムォ」と呼ばれる場所で、原因不明な謎の病気である"うなづき症候群"の患者さんをサポートする活動を行なっていました。

うなづき症候群について頷き病 - Wikipedia

先生はエチオピアでも国際医療を実践して来た、国際協力のスペシャリスト。

だけれども、先生の行う「うなづき症候群」に対するサポートは本当に本当の草の根でした。

どんなNGOも国際機関もこの病気に対する直接的な支援は行なっていません。

先生の国際協力に対する思いから、学生という身分で学んだこと、、、

長いので次回書こうと思います。


To be continued...